発達障害の診断の結果が…

今までずっと、発達障害で「ADHDかなあ」と思っていた息子のことなのですが、小学1年生になり、仲良しの友達もいるものの新しく引っ越してきた場所では友達とのトラブルがおきたり、授業中も立ち歩いていたりといった感じで「確実にADHDだろ」と思い、息子を小児心理士に診せることにしたんです。もともとは発達障害の診断の予約をしたのですが、発達障害の診断の予約は半年先だといわれ、学校でトラブルが起きて困っていると病院に泣きついたんです。そうしたら、病院のほうが「困っているようだから」と無理やりちょっと空いた時間に入れてくれたんですよね。それで、いろいろ知能検査や面接などをして、出た結末は自閉症スペクトラムでした。まさか!人懐っこくて友達が大好きなのに?!ウソでしょ?!っと、初めは信じられませんでしたが… それなのに一生懸命頑張ってくれていたのか、と涙が止まらなくなりました。「ママを喜ばせよう、いい子でいて」と… 今は息子に感謝ですね。

コメントは受け付けていません。